読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新型Macは出ませんでした

WWDCは本来、デベロッパー向けの発表会なので、プロダクトレビューはおまけだと。

 

それでも新型Macの発表を期待していたMacフリークはがっかりした事でしょう。

 

でも本当に新しいMacって要るんでしょうか。

 

MacをやめてiPadに移行して2週間経ちますが、何の問題もありません。ファイルシステムDropboxなどのクラウドを使ったりできますし、メールも音楽も映像も何でもiPadでできてしまいます。

 

Macでしかできない事と言ったら、大量のファイル処理や、古いソフトのファイルを取り扱う事ぐらいです。そちらは3万で組んだWindowsでやってます。

 

15万のアップルを使う意義って?

 

新しいラインナップやプロダクトに期待したところで、使うシーンがなければ何も起こらないのは当然です。

 

Macも去年で言えば、5Kとか、要求としてはニッチですし、かといってコンシューマのこんなもんでいいという要件を満足させるためだけに作ったMacBookで、ノートのMacはかえって白けてしまった感じがします。

 

いや確かにi5、RetinaAIRとか出たら普通は興奮するのかもしれませんが、実質そんな性能いらないです。ブームでラインナップを作ったりしないアップルですから、今の現実が、ああなってるという事なんでしょう。

 

今回のWWDCで言われた事は指紋認証だとか、その辺りです。今そんな事してる人いません。Macなんて、延々スリーブで、パスコード入れずに使ってましたもん、私