読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入院しとります

持病の発作の治療のため、入院しています。

 

治療そのものはもうすでに終わり、残った検査も終え、もはや退院というところです。

 

心臓カテーテルの先に治療器具がある、アプレーションという治療でしたが、うまくいったようです。

 

全身麻酔だったので、心臓カテーテルは特に挿入されているって感覚はなかったですが、麻酔の注射などは痛かったです。

目が覚めたら終わっていて、何が何だかという感じでした。しかしこれで発作が来なくなると思うと助かったという感じです。

 

病院に入院って初めてだったんですけど、治療以外でいるものじゃないなって思います。

 

病棟はかなり病状が進行したり、体調の悪いお年寄りが多く、日中はあちこちからうめき声が聞こえます。

 

昼間は、そんな患者さんからのナースコールがひっきりなしに続いていて、静かに寝てることはできません。

 

就寝時間も、一斉に看護士が病室を訪れるせいか、各病室で一斉にまた呻き声が聞こえます。

 

阿鼻叫喚というやつです。

 

こちらはほぼ元気なので、何だか申し訳ないような気がしてきますし、数十年後には自分は反対側にいるかもしれないと思うと、心中複雑になります。

 

そんなことも踏まえて、健康第一です。