読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soft Bank光の激遅問題

昨年引っ越してから、光回線AUからNTT系列のSOFT BANK光にしたのですが、最近になって遅さが目立つようになってきました。Fire TVもよく止まっちゃうし、何だかモッサリしています。

 

そこでスマホアプリでスピードテストをしてみると何と驚愕の遅さでした。

 

f:id:shugofujifuji:20170325130825p:image

 

2メガ…だと?夜の時間帯だと1メガを切ることすらあります。100メガしかでないマンションタイプとは言え光回線を引いてるのに、この遅さ。いったい…。

 

先日は2.4GHZ帯の無線LANの混雑についての解消を書きましたが、一難去ってまた一難、今度はネット回線の遅さ対策です。

 

SOFT BANKに電話してみましたが、有効な手立てがないとの回答。マジですか、やめるよ、SOFT BANK!って言ったら、600円月々から割引になりましたw。いやいや、解決してないから。

 

いろいろネットを調べていると、DMM光なら速いとかなんとか。何でだ?と。DMM光はIPv6接続なので混んでる時間も快適!

 

と書いてあります。

 

いや、同じでしょそこはSOFT BANKも。同じNTTだし。ブログとかを検索すると、SOFT BANKのBBルーターが、IPV6接続に対応しており、それを使うと終端装置をバイパスして速度改善すると書いてあります。それ以前に遅いってディスってるブログの山ですがw。今はNTTのVDSLモデムから家のルーターで接続しています。これは以前NTTと契約していた時と同じ形。原因はこれだと思います。

 

と言うことで早速SOFT BANKに再度電話です。

 

「あのー、インターネットが遅くてって先日電話したのですが…」

 

担当者の方は定型的な話をしようとします。wifiルーターの会社に電話しろだとか、Windows10だとダメだとか。

 

「そう言う不毛なやり取りをするなら、わかるかたをご担当にしていただきたいのですが、BBルーターを借りれば改善するかと聞きたいのです」

 

「BBルーターにしても少し改善するケースもありますが、数値的に言うと…。」

 

何をおっしゃってるのか、この方は。そこじゃないのです。機械のスペックの話ではなくて…。

 

「ええとですねIPV6で接続すれば混雑している時間帯でも基地局をバイパスして接続するのでよくなるって聞いたのですが」

 

「ですが、お客様の場合、IPV4にしかできない何らかの理由が…」

 

この人はやりたくないのでしょうか、そうなのでしょうか。

 

「だから、IPV6にできるかを確認してください」

 

「わかりました」

 

待つこと数分。

 

「BBルーターのレンタルが必要なので、担当と変わります」

 

勝った。

 

ルーターは月々504円のレンタル、先日月額を600円引きにしてもらったので、それでチャラ。IPV6への切り替えはルーターが届いて1週間ほどだそうです。

 

これで何とか普通のスピードになりそうです。FTTHも最近は一筋縄ではいかないですね。こんなやり取り、普通の人だとできないですね。

 

改善したらまたブログ書きますね。